続編:バックパッカー中の大学生が、優しい中国人の家に泊めてもらった話

2017年2月19日

ども、げむ男です~。

前回の記事(上海の風俗で30万請求されて、裸足で逃げた東大生が教える旅の教訓)が結構好評でして、味をしめたげむ男ですが、まだまだこんなもんで旅は終わってません。

上海には船で行って、4日間ほどいて香港に移動したのですが、前回の風俗事件のあとにも結構やばいことが起きてましたw

てことで、今回はその時の話をしたいと思います。

(写真はそこらへんの100円で食えるラーメン。どちゃくそうまい)

 

上海ナイト~香港までの長~い道のり

前回の記事の通り、3週間ほどで予定していた旅の1日目で全財産を失ったげむ男。なんとか同じ宿にいた日本人(しかも大学生。優しすぎ!!)に5万円を借りて、旅を続行することができました。

上海では博物館に行ったり、飲茶食べたりとかなり満喫したんですが、次に目指すは香港!ということで、げむ男の香港への旅が始まります。

本来旅というほどのことはないはずなんですが、これがまた長~い旅になるんです…

 

いざ香港へ!最安は鉄道!1500円!

上海から香港って、結構距離があります。約1200キロ。距離で言うと、東京から奄美大島くらいまでらしい。夜行列車で18時間らしい…w

 

けどそんなこと18歳のげむ男は知らんし、とにかく金がないので鉄道でいくか!ってことで、最安値の農民とかが乗る最低級チケットを1500円位で購入。

深圳(香港に一番近い中国本土の大都市)まで行って、適当に香港に行けばいいやとかおもってました。

 

チケットを買って、いざ駅にいくと、なにやら騒然としている…

なんだ!??と思って掲示板を見ると、よくわからんけど台風という字と深圳という字だけ読めた。

 

むむっ!?どうやら鉄道動かないらしいぞ!

まじか??どうすんだ!??

 

ということで、鉄道で香港ルートは無残に消えてなくなったのでした…(軽い)

 

楊くんとの出会い

飛行機でいくかってなったわけなんですが、いやまてまて、返金されねぇのか!?ってことで色々窓口にいくも、誰も英語が喋れない!!

クソッ!!!あきらめるしかないかぁ…

と思いつつも英語でいろいろ助けを呼んでたら、青年グループが声をかけてくれた。

そのグループのリーダーがそう、かの有名な楊くんだ(テストにでるよ。)

 

彼らの仲間も香港に行く予定で見送りに来ていたようで、どうやら一緒に返金手続きをしてくれるらしい。

こうして無事お金が戻ってきたわけだけど、鉄道で寝るつもりだったから今夜泊まるホテルがない。。。

 

フラフラしてたらまたもや楊君が声をかけてくれて、

「香港行きたいなら明日の便にしなよ。ホテルないならうちに泊まればいいじゃん。」

みたいなことを言ってくれるわけです。

 

この時点でげむ男、半分うれしくて泣きそう。半怪しんでる。

 

「どうするげむ男!こいつ信用していいんか!??」

なんて迷うこと2秒、どうしようもないので、とりあえずついていくことにしたのだった。

 

優しすぎるぞ楊くん。げむ男、、上海でむせび泣く。

鉄道で30分ほど揺られてたどり着いたのは、お世辞にもきれいとはいえないボッロボッロのボロ団地。トイレは10部屋くらいの兼用で、もちろん水は流れない。ペーパーもない。

ベッドを整える楊くん(クレヨンしんちゃんに似ている

 

めちゃくちゃ疲れたげむ男は、とりあえず寝かしてもらうことにした。

でももちろんボロアパート。部屋は3畳くらいでくそせまい。ベッドは一つしかない。

 

どうすんだろうと思っていると、楊くんが

「俺は床でいいから。ベッド使いなよ」

と言ってくれる。

 

「神か?」

 

優しすぎるダロウ!!!

 

でもね、もう遠慮とか忘れましたよ。上海いたら。

死ぬほど疲れていたのでお言葉に甘えてベッドでぐっすり寝たげむ男でした。

 

朝ごはん(白米がべっとべとw)

翌朝にはごはん(くそまずかった)も作ってくれて、コーラとかも買ってきてくれて、至れりつくせりの楊くん。あまりに優しいので、僕が持っていたCITIZENの時計をお礼にあげるよというと、

 

“Don’t worry. China and Japan are friends, right??”

 

とかなんとか言って、受け取らない。

イケメン(クレヨンしんちゃんに似ている)かよ!!?

 

しかも!!翌日仕事を休んで僕を空港まで送ってきてくれて、本当に紳士だし、マジで優しい楊君。

 

あなたは偉大だ。

げむ男と上海の神(楊くん)at 浦東国際空港

 

ついにきたぞ!香港!

ということで、上海では全財産を失い、初対面の上海人の家に泊まり、愛情を感じてむせび泣き、楊くんのおかげで…

 

 

ついについたで!!!香港!!!!

 

まだまだ旅の前半なのに、RPGのストーリー全クリした感覚ですわ。

 

しかもそこから2週間ほどかけてマカオ、タイ、ラオスを回ったんですが、上海が濃すぎて何も入ってこない!

香港はとにかく地価が高い。以上。

マカオもとにかく地価が高い。以上。

タイはとにかく天国。以上。

ラオスはとにかくいい国。以上。

 

まとめ

旅費を快く貸してくれた大学生、床に寝てまで僕を気遣ってくれた楊くん。

本当に一人では生きていけないし、みんなのやさしさに支えられて生きてるなぁと実感した旅でした。

今でもたまに思い出して浸ってるくらいです。

僕もでかい大人になって、今まで受けた様々な施しを、いろんな人に還元したいなと思ってます。(イイハナシダナァ)

 

こうして無事香港についた後も、タイで大人になったり、タイで大人になったり、あとはそうだなぁ、タイで大人になったりと、色々楽しいことがあったんですが、たいして面白い記事にはなりそうにないんでやめときます。

旅行シリーズは次回インド、そんつぎロシアでいこうかなぁw

 

以上、あざした!

-おもろい経験, 海外

関連記事

鼻毛が伸びるのはナゼ? 最近めっちゃ伸びるから、対策を考えた

ども、げむ男です。 毎度ゴミみたいな記事ばっか書いてんじゃねーよと思った方、今日の記事は実用的です。騙されたと思って読んでくださいwww 毎日ぼーっとしながら生きてるげむ男ですが、最近よく思うことがあ …

メルカリにアダルトグッズを出品したらすぐ削除されて感心した話

ども、げむ男です。 何度か当ブログでも話題に出しているメルカリですが、その運営が結構しっかりしてるなぁ~と思ったエピソードがあるので紹介したいと思います。 タイトルの通りアダルトグッズを出品してみたん …

【ハニートラップ】上海で30万請求され、裸足で逃げた東大生が教える危険な旅行の教訓

ども、げむ男(@gamers_log)です。 タイトルやばいですがw 前回まで受験の話しててなんですが、ここで小休止、、、てことで。 大学1年の夏(18歳?)に初めてバックパッカーをして、コテンパンに …

日米の仕事観の違いと、アメリカ人の初任給

ども!げむ男ですー! 少し用事があってここ一週間ほどアメリカにいたんですけども、そこである種カルチャーショックと言いますか、日米の仕事に対する考え方の違いみたいなものを感じたのでメモ程度に書き留めます …

人生がつまらない!? 暇なとき・つまらないときにやるべき3つのこと

ども、げむ男です。 みなさんは暇を持て余しているなぁと感じること、あるいは楽しいことがなんにもない状態に陥ることはありますか? 僕は2か月に1回くらいのペースであります。 こういう時って結構メンタルが …