【ハニートラップ】上海で30万請求され、裸足で逃げた東大生が教える危険な旅行の教訓

【ハニートラップ】上海で30万請求され、裸足で逃げた東大生が教える危険な旅行の教訓

ども、げむ男(@gamers_log)です。

タイトルやばいですがw

前回まで受験の話しててなんですが、ここで小休止、、、てことで。

大学1年の夏(18歳?)に初めてバックパッカーをして、コテンパンにやられた話をしようと思いますw

 

スケジュール

いきなり本題に入る前に、、まずは旅行のスケジュールから。

当時若干18歳のげむ男。とにかく金がない。

とりあえず東南アジアと中国あたり回りたいなと思ったので、最安で中国に行く方法を模索しました。

するとどうやら大阪から船がでてるらしい。しかも2万円で行けて、48時間もかかるw

これを使わない手はない!!ってことで、ダフ屋で青春18きっぷを1枚買って、大阪まで行って船で上海にいきました。

そのあとは友達のいるマカオや、これまた知人のいるバンコクなどを目指して旅してたので、スケジュール的には

 

東京 ⇒ 大阪 ⇒ 船(2日) ⇒ 上海(4日) ⇒ 香港(1日) ⇒ マカオ(1日) ⇒ バンコク(5日) ⇒ ラオス(2日) ⇒バンコク(3日) ⇒ 東京

 

て感じでした。

計算上8万くらいに抑えるつもりで一泊300円のユースホステルに泊まってたんですが、ハニートラップやら恐喝やら航空券の取り違いやらで、結局15万かかりましたw

 

猛牛と戦うげむ男 at 上海

 

ちなみに僕はナニをするにも基本単独プレイヤーなんですがw、今回の旅も一人です。

 

状況

旅先って妙にムラムラするんですよね。旅先の日本人女性の尻軽さとかを見ても思うんですが、なんか人をオープンにしてしまうんです。

 

上海についた僕は、とりあえず南京東路(歌舞伎町的な)に繰り出しました。

ここでしゃべりかけられたおばちゃんに紹介された女の子と飲んだら3万円とられ、あとになってハニートラップだと気づいたのですがそれはまたの機会にw

トラップで3万取られたんで、物価の低い(と、思ってたw けど実際はそんなことない)上海で風俗何回分だよ!!!とか思ったげむ男はとりあえず風俗にいくことを決意。(当時若干18歳、童貞)

不細工なキャッチについて行ったらめっちゃ怪しい店に入れられました。このときの言い値は3000円w

店に入り、個室へ連れていかれると、女性が5人くらい出てきて、こんなかから選べみたいなことを言われました。明らかにブスが4人と、絶世の美女が1人だったので、ひときわ輝いていたリン・チーリンみたいな子を選択。

 

※画像はイメージです。

初体験が海外!しかもリン・チーリン!とか盛り上がってたげむ男。

チーリンの手の中でで即果てたげむ男のげむ男。

3000円を渡し、部屋を去る彼女。

ん?手だけ?とか思いつつも大満足(同時に大賢者)なげむ男。(若干18歳、未だ童貞のまま)

 

ところがそのあと、黒服のアメフト選手みたいなやつらがいきなり二人入ってきて、30万円分の元(中国の通貨ね)を請求されました(いや、ワロえない)

 

「いやそんなんもってねぇし!高すぎだろ!」

って言っても聞く耳もってくれない。

 

「おれ大学生で、さっき日本から来たんだ!まだ18なんだよ!助けてくれよ!!」

とか言っても、聞く耳持ってくれない。

 

当時旅費は全部クレジットで払えばいいやとか思ってたので、キャッシュは2万円分くらいしか持ってなかったのですが、とりあえず無抵抗で財布の中の有り金とられましたねw

旅行到着1日目でキャッシュ全部取られましたw

しかもクレジットも取られて、30万円下ろされそうになりました。

 

しかし!!!ここはさすが楽天カード。限度額が20万円だったので、決済できず。

 

すかさず外のATMで下ろしてくるからと伝えたげむ男はカードを取り戻し、黒服一人を従えて外へ。

 

「こいつ一人なら振り切れる」

 

足と体力には自信のあるげむ男、逃走を決意。

しかし足元を見て絶望。

なんとサンダル(げむ男が愛してやまないビルケン)ではないか。

やばい!さすがのげむ男でもサンダルで逃げ切るのは無理だ...

 

次の瞬間、愛しのビルケンを蹴り捨て、裸足で走り出すげむ男。

戸惑う黒服。怖すぎて後ろ見てないので定かではないけど、目を見なくてもわかってたよ、声が震えてたから。はい、つまんないですねごめんなさい。

上海の夜を走り回るげむ男。

ボロボロの足

 

 

結局、旅行初日で全財産をなくしたんだけど、宿にいた優しい日本人(今はもうアナウンサーになったのかなぁ)に5万円キャッシュで借りて旅をつづけられました。ありがとうねぇ。

まだまだトラブルのあった初バックパックですが、その話はまたの機会に。

 

生きててよかったぁ。日本安全すぎぃ。ってことで、無事日本に帰ることができたのでした。

 

※尚、このストーリーは完全ノンフィクションです。友達に本でも書けばとか言われましたが、ふところのでかいげむ男はなんと無料公開!みんなラッキーだな!!

 

教訓

新宿、上海、インド、、いろんなとこで騙されてついに学んだ世の真理を最後にお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

『キャッチにはついて行くな』

 

以上、ご清聴ありがとうございました。

よく読まれている記事